転職 天職

転職と天職の関係

転職と天職の関係について

転職,天職

転職は、その昔は悪いこととされていました。終身雇用が前提の世の中だったからです。したがって、会社を離れるということは理由は何であれ、良くないこととされていたのです。 終身雇用制が薄らぎ始めてから、職業を変わることがキャリア形成などという言葉になり、自己実現を図る一つの手立てとして、悪いことではないと認められるようになりました。 だから、より高い次元で、自分にあった職を志向するのはある程度当然になっています。 しかし、若者を中心とした報酬の高さを求めて職を変わる行為はいかがなものでしょうか。自分に実力が備わり、実力に見合うものを求めること自体は否定しませんが、少しの報酬増だけの理由でというのは考え直す必要があります。 自分にぴったり合う職業や職場を求めての職を変えること、つまり天職を求めるのは、実現してもいい転職と言えます。 しかし、何が自分にとって一番いいのかは、自分も他人も正しい答えは出せないということも忘れてはならないでしょう。 「天職などというものは、はじめからはありまえん。仕事に命を掛けることによって、その仕事が天職になるのです」 この言葉には真実があります。安直に気軽に職を変えるのではなく、命を掛けることが大切なのです。 【医師 転職サイト】選び方のコツ|どこが一番良いのか?には、こうした面倒事を代わりに引き受けてくれるエージェントがいます

転職を繰り返すと心証が良くない?!

転職,天職

日本でも大学を出て新社会人として就職をし、その会社に生涯尽くすという時代は終わりました。スキルアップや自己実現のため、違う会社に転職をする人も増えているのです。しかし、日本ではまだまだ転職に対する考えはあまりよくないようです。特に転職を次から次へと繰り返すような人は、敬遠される傾向にあるようです。 ちょっと考えればわかるでしょうが、他の会社でも長続きしなかったのだから、うちで雇ったとしても長続きしないのではないかと思われてしまうためです。中には色々な業種、職種を経験してきた人を求めているという会社もあるかもしれませんが、ほとんどの企業はそうではないのです。特に中途採用の場合、即戦力が求められます。新人ではないので、一から教育する余裕がないためです。仕事を次から次へと転職している人よりも、ある種のプロフェッショナルの方が、即戦力になって企業に役立つからです。 その企業で働くということは、広い意味では社会貢献ですが、雇ってもらっている企業に貢献する必要があるのです。企業もそういった人材を求めています。よく言われることが、今の会社を辞めたいと思っても、少なくとも三年は働きなさいということです。そうすればやりがいが見つかるかもしれませんし、それでもダメなら三年という年数は、転職に差しさわりのない年数と言われているためです。石の上にも三年とも言うように、 とにかく三年はがんばることです薬剤師 求人といった勤務体系を採用する企業が増えています
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
78